新規就農者募集案内

中野市は、長野県の北東部に位置し、人口は4万4千人です。高速交通網は市内に信州中野インターチェンジがあり、また平成27年3月には新幹線の金沢への延伸に伴い飯山駅が開業し、北信州の中心都市として重要な位置を占めています。
中野市の北部にそびえる高社山は、美しい山で、「たかやしろ」と呼び親しまれ、西方には北信五岳(妙高山、斑尾山、黒姫山、戸隠山、飯綱山)が望める風光明媚で自然が豊かな地です。また、長野冬季オリンピックの開催された志賀高原の麓にあり、スキーやスノーボードが手軽に楽しめる好立地です。
この豊かな自然環境を活かして、果樹ではぶどうやりんご、桃、サクランボなど、野菜ではアスパラガス、きゅうりなど、他にも花きではシャクヤクやトルコギキョウなどの多種多様な園芸品目が栽培できる自然条件が揃っているのが中野市農業の大きな特徴のひとつです。また、昼夜の気温差が大きく、年間を通じて降水量が比較的少ないことが高品質で美味い農産物栽培を可能としています。
あなたもこの機会に大自然のなかで農業にチャレンジしてみませんか。農業の良さがきっとみつかるはずです。既に多くのIターンのみなさんがこの地に根を下ろし農業で成功しています。

JA中野市の支援

  • 新規就農にあたり営農、金融等の各種相談に対応します。
  • 必要な農地の紹介や斡旋をします。
  • 農作物栽培に必要な農薬や肥料、また農業施設や機械の相談対応や販売をします。
  • 農作物栽培に関わる情報提供や技術指導をします。
  • 収穫した農作物の販売(委託)を引き受けます。
  • 農業経営に必要な資金の融資をします。

国の支援

青年就農給付金 準備型

研修を受ける青年就農希望者に、最長2年間、年間150万円が交付されます。

青年就農給付金 経営開始型

経営開始直後の青年就農者に、最長5年間、年間最大150万円が交付されます。
夫婦の場合は合わせて年間最大225万円になります。

主な要件

原則45歳未満の方で、農業経営者となることに強い意欲がある方。
※他にもあります。詳細はお問合わせください

中野市の支援

中野市でも新規参入する方に対する補助金を交付しています。

新規参入者営農支援事業

新たに農業を始めるために、市内の農地や農業機械・施設等の取得またはリースを受ける方が対象です。
総額50万円以上。取得額の1/3以内(上限100万円)、リース料の1/3以内(上限1万5千円・最長3年間)

新規参入者定住支援事業

市外から転入して5年以内で、新たに農業を始めるために市内住居の取得または賃借を受ける方が対象です。
取得額の1/2以内(上限200万円)、賃借料の1/2以内(上限3万円・最長3年間)

主な要件

  • 年齢が45歳以下であり、事業終了後5年以上市内で営農を継続する。
  • 卒業、農業以外の職業からの離職、研修の終了または農業を営む者からの独立から3年以内に農業経営を開始する。
  • 市内に農業(法人)の経営を行っている1親等内の親族及び兄弟姉妹がいない。
  • 農業委員会が定める下限面積以上の農地の所有権または利用権を有する。

※他にもあります。詳細はお問合わせください

お問い合わせ

私たちが就農をサポートします。
ご不明な点は、お気軽に下記までご連絡ください。お電話お待ちしております。

TEL0269-22-4221

中野市農業協同組合 営農支援課
受付時間:9:00〜1500