女性部情報

2019年度の女性部情報

女性部で歯の健康教室開催

 JA女性部は3月27日、本館会議室にて健康教室を開催しました。今回の健康教室では、市の「まなびい塾」という講師派遣講座で「口腔ケアは健康の秘訣」と題した歯周病予防や歯の健康について学びました。歯科衛生士の児島講師は8020運動(80歳で自分の歯を20本残そう)という取組みや歯周病がすすむとどのようにうなるかなど、さまざまな事例を写真や模型を使って紹介。その後、参加者の口腔内をチェックし、虫歯菌や歯周病菌を実際に画面で確認しました。受講者からは終始驚きの声が聞かれるなど、自覚なくすすんでしまう歯周病の怖さを改めて実感し、今後の歯の健康管理について考えるきっかけになりました。今後も女性部ではJAと協力し地域住民や組合員向けに健康教室をおこない健康寿命創造運動を行っていく予定です。

講師の説明を受ける女性部員
講師の説明を受ける女性部員

介護施設に雑巾寄贈

 JA女性部は3月15日、デイサービスセンター「遊湯」に雑巾を寄贈しました。女性部では毎年、定期総会に合わせて「部員1名につき1枚」を目標に、寄贈用の雑巾が集められます。今年は5日に開催された女性部定期総会で約130枚の雑巾が集まりました。贈呈式では、「遊湯」の竹内所長から「雑巾はいつも使うものなので本当に毎年助かっています。」とお礼の言葉があり、施設の利用者さんが一つずつ手づくりしたという折り紙の「かぶと」をお礼にいただきました。

雑巾を手渡す石川前女性部長(左)と若林部長(右)
雑巾を手渡す石川前女性部長(左)と若林部長(右)
お礼の「かぶと」を手にする女性部役員
お礼の「かぶと」を手にする女性部役員

SBCの「ニュースワイド」に出演!

 JA女性部の若林部長は3/14(木)放送のSBC信越放送「ニュースワイド」に出演しました。春の値上げ企画として、サバ缶の値上がりによる家計へのダメージについて、インタビューを受けました。また、サバ缶を利用した常備菜として、「サバ缶の煮物」を番組内で作り紹介しました。乾燥アスパラやぜんまい、中野市産のえのきやブナシメジをたっぷり入れたサバ缶料理で、JA中野市産の農産物をPRすることができました。

取材を受ける若林女性部長
取材を受ける若林女性部長

JA女性部 新部長に若林さん

 JA女性部はアップルシティーなかので第22回定期総会を開催しました。総会では2018年度活動報告と収支決算、2019年度の事業計画や収支予算などが承認されました。役員改選では新部長に若林孝子さん(長丘)、副部長に宮島美津子さん(高丘)を選任しました。新年度の事業計画では地域の食料自給率の向上や次世代への食農教育のほか、自らの生きがいづくり、地域社会へ貢献する活動に取り組むことが決定されました。

あいさつする2018年度石川女性部長
あいさつする2018年度石川女性部長